スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
ドルの買い時は!?
先週のGMへ税金で補助ニュースから一転、
今週は経営計画やり直し&トップ辞任?ニュース
から始まっている。


さすがにどれだけGMの社員が優遇されているか
米国国民は知っているから、税金でその既得権益
を守ることには大多数が反対。


その影響で、オバマ政権も税金を投入する口実を
作るのに必死になっている。


ようにしか見えない^^。


このGM、倒産させるのがいいのか存続させる
のがいいのか。


個人的には倒産させない限り、アメリカ経済は
復活することはないだろうと言うのは従来から
書いている通り。


確かに、倒産のインパクトは大きく、一時期の
大混乱時に倒産させるという選択肢はなかった
ことは間違いない。


が、今は市場はかなり織り込み済み。


経営者の報酬や、手厚すぎる従業員や退職者への
資金流出もすべて国民の間に織り込まれ済み。


これを、そのまま税金で支えたのであれば、企業
競争力がないままに生き延びることとなる。


経済絶好調の時なら全く問題ないが、現状を前提
として、このような超高コスト体質で耐えられるのか。


ということを考えた場合、自ら既得権益を放棄するか、
倒産させて政府が放棄させるかしかないことになる。


そして、実質倒産企業であるにもかかわらず、自ら
放棄する意思がないのはこれまでに判明済み。


だとすれば、選択肢は一つしかない。


すなわち、ちゃぷたーいれぶんの申請。





なのだが、労組が支持基盤のオバマ政権がこれを
選択できるかは非常に微妙。


そこで、分岐点が2つ。


①税金で高コストを維持した場合・・・とりあえず倒産
阻止で一時的に株価は上昇→長期的に下落


②連邦破産法第11条申請の場合・・・一時的に混乱
して株価下落→長期的には上昇


となるはず。


そして、もちろん、ドル買いのねらい目は、②で円高
に振れた時。


長期的には確実にプラスになることから、絶好の
ドル買いのチャンスとなる。


労組はオバマがまさかGMを潰すことはしないだろうと
足元を見て勝手な主張を繰り返したまま。


ま、②は無理だろなーと。


結局税金を既得権益維持のために費やし、選挙では
票を得て、終わり。となるんだろうね。


きっと^^。




その他の情報は情報のいっぱい詰まった


為替ブログ 


か 人気ブログランキング で


参考HP:初めての外国為替証拠金取引(FX)


過去の四本値を取得するには以下の2社で
ひまわり証券 又は 外為どっとコム



にほんブログ村 為替ブログへ ←参加しています。

スポンサーサイト

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

【2009/03/31 22:37 】 | 外国為替証拠金取引(FX)総合 | コメント(0) | page top↑
<<このまま円安!? | ホーム | おや?>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。