FC2ブログ
クロス円上昇率とスワップ金利の関係
この1年、クロス円はすべて上昇。


1年間の間にFXを始めた人は、ほぼ利益を獲得しているはず。
(99%の人は損しているなんていうすごく楽しい情報商材の
宣伝もあったが^^)。


約1年前(18年3月31日)との比較すると


       1年前   現在   上昇率
ドル円   117.76円 119.27円  1.28%
ユーロ円 142.61円 159.48円 11.83%
豪ドル円  84.32円  97.33円 15.43%
NZドル円  72.52円  85.87円 18.44%
ポンド円  204.58円 234.36円 14.56%


米ドルの上昇幅が小幅だったのに対してその他の通貨は
すべて10%以上の上昇。


特にオセアニア通貨はユーロやポンドよりも上昇が大きい。


ちなみにスワップ金利は現在、


      1日分  年率
米ドル   153円 4.74%
ユーロ円 136円 3.48%
豪ドル円 144円 6.23%
NZドル円 163円 8.21%
ポンド円  300円 5.35%
(注:1日分は1万通貨あたり)


ここ1年の上昇率の高い順番と、スワップ金利の高い順番が
ほぼ一致する。
(ポンド円が一番スワップ金利がいいなんて寝ぼけたことを
いう人はさすがにいないと思う)


しかも米ドルを除くとスワップ金利の倍以上、為替レートが
上昇しており、利益が輪をかけて増加。


いかにこの1年が金利をテーマにした相場だったかという
ことがよく分かる。


この1年は円売り派の大勝利。


ちなみにこれが逆転するとどうなるか。
もちろんスワップの何倍もの為替差損が発生する。


スワップはあくまで補助的なものとして考えられる人は
恐らく円高にも対応できるはず。


スワップメインとしか考えられない人は・・・ま、円安の
時だけこの世の春を謳歌を^^。




その他の情報は
ここここ


参考HP:初めての外国為替証拠金取引(FX)


にほんブログ村 為替ブログへ ←参加しています。
スポンサーサイト



テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

【2007/04/08 00:16 】 | 外国為替証拠金取引(FX)総合 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<統一地方選挙が為替に与える影響!? | ホーム | 雇用統計通過後はイースター相場>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://gaitamelfx.blog81.fc2.com/tb.php/84-05b96f7d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |