スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
何かおかしい!?
ソフトボールの金の余韻を準決勝でぶち壊し、
男子400メートルリレーのトラック初メダルの余韻を
3位決定戦でぶち壊してくれた野球。


全5敗のうち、中日の2投手で4敗を献上している。
中日といえば、言わずと知れた星野監督の出身チーム。
しかもペナントレースでは3位にもかかわらず、12球団
最多の5人を送り込んでいる。


「何かがおかしい」


普通の人はそう思う。


よくよく見ると、重要場面で打たれて明らかに調子の
上がっていない投手が出てきたりしている。


恐らく来年のWBCの監督は星野ではない。


この「何かがおかしい」という感覚をみんなが持って
いれば、星野にはならない。


ん?何か本題から外れているような・・・
(そのままスポーツブログになってしまいそうだった^^;)


この「何かがおかしい」という感覚、投資においても
非常に重要な感覚となる。


一気にドルが下がっている時、まず考えるのはその原因。


しかし、いくら原因を探してもそれらしきものが見つからない
時は、「何かがおかしい」と思う必要がある。


「おかしな状態」は永遠には続かないのが市場なので、
通常の「何かがおかしい」であれば、基本的には元に戻る。


従って、こういうときは逆張り(もっとも取引をするのは
反転を確認してから)。


確率的には高い確率で利益が取れるトレードの一つとなる。


ただし、「何かがおかしい」がトレンドを形成しだした場合には
必ず撤退が必要。


例えば、バブル時代には全てが右肩上がり。
「何かがおかしい」と必ず思うのだが、この右肩上がりが
落ちるまでは数年かかっている。


こういう時は、数年も待っていられないので、あー上昇
トレンドだなーと思った瞬間に撤退する。


原油相場もそう。


絶対「何かがおかしい」のだが、一時148円までいって
しまっている(今は110円台)。


100円より下で売りから入った人は軒並み損切りのはず。


「何かがおかしく」てもトレンドが形成されれば撤退&
触らぬ神に祟りなし戦略。


高確率トレードでも当然マイナスになることもあるので、
まあコストと思って損切りだね。


と、言っているうちに、もうすぐ週明け。


ドル円は109円だらスタートかなー。
どうなんだろう。


とりあえず110円台乗せるかに注目!




その他の情報は情報のいっぱい詰まった


為替ブログ 


か  外為ランキング


参考HP:初めての外国為替証拠金取引(FX)


過去の四本値を取得するには以下の2社で
ひまわり証券 又は 外為どっとコム



にほんブログ村 為替ブログへ ←参加しています。
スポンサーサイト

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

【2008/08/25 00:59 】 | 外国為替証拠金取引(FX)総合 | コメント(0) | page top↑
<<順当に円高!? | ホーム | 来週最大の注目ポイント!?>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。