スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
今後の各国の金利予想(マクロ)
今日はマクロレベルでの各国の金利変動予想。


<日本>
数年にわたり半年に1回利上げを実施(0.25%ずつ)。
今年は少なくとも下期に後1回利上げ実施。
理由:日銀としては今の超低金利を継続する意思なし
   経済指標で金利を上げない理屈のつく指標がない


<アメリカ>
今年中に1~2回、利下げを実施。
理由:昨日の建設許可件数が予想を下回る等、現時点の指標は
いいが、将来の先行指標は悪い。


<ヨーロッパ>
今年中に最低1回利上げを実施。
その後はストップ。
理由:さすがに景気には息切れ傾向あり。


ということはどうなるか。


ドル/円については
金利差縮小(確実性◎)→円高要因
個人は盲目的に円売りドル買い(確実性○)→円安要因
それでも金利差→キャリートレード(確実性△)→円安要因
キャリートレードの解消(確実性◎)→円高要因
輸出企業のドル売り金額>輸入企業のドル買い金額(確実性◎)
円高要因
公的年金を含めた長期資金による外債投資の増加(確実性○)
円安要因


間違いなく縮小する金利差に対して投機資金がどのような
反応を示すかが注目。


ただし、このような資金は100%の確率で反対売買(つまり
円の買い戻し)をするので要注意。


日本経済が低迷し、株式投資に魅力がなくなれば外債投資も
増えると思われる。
逆に日本株が好調なら外債投資は縮小(日本株上昇に伴い
グロソブが減少していることからも分かる)。




ユーロ/円についてはECB利上げの瞬間だけは円安方向。


ただし、将来の金利差縮小、欧州の景気減速等の影響により
円高方向の可能盛大。




ユーロ/ドルについては前半はユーロ買いが優勢。


ただし、後半以降についてはどちらも原則局面のため、
ニュートラル。


ま、短期で売買する分には実はあまり関係ないのだが^^。




その他の情報は
ここここ


参考HP:初めての外国為替証拠金取引(FX)


にほんブログ村 為替ブログへ ←参加しています。
スポンサーサイト

テーマ:FX(外国為替証拠金取引)を始めよう! - ジャンル:株式・投資・マネー

【2007/03/21 13:55 】 | 外国為替証拠金取引(FX)総合 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
<<Act On TVでの名(迷)コメント! | ホーム | 明日のFCMCの見通しは?>>
コメント
ドルは利下げ予想ですか。私はもう少しアメリカの好景気が続くと見て、今回は据え置き、年央の一度の利上げを予想しています。現状のエコノミスト等の意見は、ちょっと悲観的すぎる感があります。
【2007/03/21 22:47】 | URL | てつ #-[ 編集] | page top↑
日銀って誰もが100%利上げ予想ですけど、ドルって利上げと利下げが半分半分くらいなんで難しいですよねー^^。いつもにもなして今日のFOMCは注目ですね。もちろん寝てますが(^^)
個人的には4月以降に株価回復→高値警戒感→外債投資→円安へなんてストーリーを期待しています。なんせキャリートレードや個人なんて必ず買い戻しますからちょっと安定た人たちに持って欲しいなと。
【2007/03/22 00:32】 | URL | たんたん #TY.N/4k.[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://gaitamelfx.blog81.fc2.com/tb.php/63-c8e7f70c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。