FC2ブログ
ロスカットにならないレバレッジとは・・・
8月の円高局面では数多くの投資家が、強制ロスカット
(になったらしい)。


原因はもちろん十分ありうる変動幅を計算できなかった
ことによるもの。


いわゆるレバレッジの上げすぎ。


それではどのくらいのレバレッジで本来投資すべきで
あったのか(上級者は除く。以下同じ)。


一部の業者を除けば基本的に総ポジションに対する総資金の
割合でレバレッジや強制ロスカットは計算される。


ここで、よく見るレバレッジ200倍とか400倍とか宣伝する
頭の悪い業者のレバレッジを最大(200倍)にすると、
ドル円であれば120円が119.40円になれば、全財産がなくなる。


それではレバレッジ10倍や20倍ならどうなるのか。


レバレッジ10倍なら108円に、レバレッジ20倍なら114円に
なれば全財産がなくなることとなる。


レバレッジ10倍の意味分かって取引していましたか?という話。


実際には124円が111円台に瞬間では下がっていることから、
レバレッジ10倍以上で取引していれば完全にロスカット。


全財産がなくなる前(例えば維持率50%を切った時)に
強制ロスカットされる会社も結構多いことから、レバレッジ
5倍でも危ないかったかもしれない。


100万円口座に預けているのであれば、ドル円なら5万通貨が
安全に投資をするなら限界かなと。
(これでもレバレッジ6倍)


もちろん、預入総資産に対する想定金額の計算であり、個別の
ポジションごとに200倍とか400倍とかいう話をしてはいない。


ここのポジションごとのレバレッジなんかあってもなくても
全く同じなので、一部の業者を除き、気にする必要な全くない。


各通貨への投資枚数×各通貨のレート÷預入総資産(保証金)
が10倍を超えている方、レートが5%下がるだけで、全財産の
半分以上がなくなりますので気をつけてくださいね^^。




その他の情報は
ここここ


参考HP:初めての外国為替証拠金取引(FX)


にほんブログ村 為替ブログへ ←参加しています。
スポンサーサイト



テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

【2007/08/28 00:32 】 | 外国為替証拠金取引(FX)総合 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<一気に115円割れ!? | ホーム | 今週の注目材料!?>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://gaitamelfx.blog81.fc2.com/tb.php/256-761107e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |