FC2ブログ
通貨別の下落率と反発率!!
7月高値から投機筋の異常な円ショートポジションが解消し、
ようやく正常?な姿へ。


そこで、この高値から円買戻しによる最大瞬間安値(円の高値)
までの下落率と、そこから昨日までの反発率は以下の通り。


    7月高値 瞬間安値 前週終値 下落率 反発率 戻り率
米ドル円 123.63 111.57 116.34  9.8%  4.3% 39.6%
ユーロ円 168.93 149.23 159.00 11.7%  6.5% 49.6%
豪ドル円 107.69  86.00  96.19 20.1% 11.8% 47.0%
ポンド円 251.07 219.27 234.19 12.7%  6.8% 46.9%
NZドル円  97.73  74.22  83.90 24.1% 13.0% 41.2%


先週にも書いたが、ドル円については大した下落ではなく、
ここで強制決済になっているようでは間違いなく戦略ミス。


リスク管理方法の見直しが急務。


ただし、終値ベースではなく、最大瞬間での比較で見ると、
さすがに下落率は大きい。


特にマーケットの小さいオセアニア(中でもNZドル)は
むやみやたらに買われてきた影響をもろに受け、24%以上
の下落。


本来であれば比率は小さくしておくべきものであるが、
最近ではスワップポイントのみにしか目の行かない投資家が
多いらしく、リスクを考えずに金利の高い通貨への買いが集中。


リスクが顕在化したときに初めて気づくというまあよくある
パターンではあるのだが。


ちなみに安値からの戻り率は、予想に反してどの通貨も
ほとんど同じ。


昔から言われる半値戻しの少し下といった感じ。


円安トレンドへの転換はこの半値戻しという、極論をすれば
当然の反発をいかに超えていくことが出来るかどうか。


注目ポイントはこれにかかっている。


ということで、来週は115円台では一応円ショートを拾って、
115円割れ水準からはストップ&逆指値(円ロング)に転換
戦略をとりあえずは取る予定。


円買いの方が一気に利益が上がるのでいいんだけど、ちょっと
様子を見ながら^^。




その他の情報は
ここここ


参考HP:初めての外国為替証拠金取引(FX)


にほんブログ村 為替ブログへ ←参加しています。
スポンサーサイト



テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

【2007/08/26 10:50 】 | 外国為替証拠金取引(FX)総合 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<今週の注目材料!? | ホーム | 投機筋は円買いへ!>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://gaitamelfx.blog81.fc2.com/tb.php/254-d1513083
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |