スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
今週の為替予想
先週は大激動。


たまたま偶然お盆の暇な時期(1日は休み)に重なったため、
非常に有意義な1週間だったが、今週はどうなるのか。


全く分からないが、とりあえず勝手に予想をだらだらと^^。


まず月曜日に株式市場が上げて始まることは間違いなし。


ただし、これは既に先週のNYで織り込み済みなので、為替への
影響はなし。


問題はこの上昇が継続するかどうか。


そもそも日本株固有の事情による売り材料はそう多くはない。


だとすれば、狼狽売りが収まると上昇するかとも思えるが、
固有の売り材料が先週に発生。


それがこの円高。


輸出企業の多い日本においては相当な減益要因となる。


恐らく下方修正発表がしばらくすると相次ぐ。


となれば、分かっていても売りとなる。


また、世界的にはまだまだサブプライム絡みの損失が
どんどん出てくると予想される。


日本も世界も株式市場が下落基調であれば、当然リスク回避
の観点から、従来の円安を演出してきた円キャリーは解消
されることはあっても、開始されることはない。


よって、円買い需要の方が圧倒的に大きくなり、じわじわと
円高の方向へ進む可能性は高い。


最大のポイントは、これを見た各国の中央銀行がどのような
対応を取るか。


日銀が利上げを見送るのは当然のこと、ECBやFRBが協調して
利下げを行うことが出来れば、これは話が違ってくる。


株価は安定し、多少のリスクも取れるようになり、円売りも
出てくると考えられる。


ただし、一つ勘違いしてはいけないのが、円安になったと
しても、従来のように(クロス円を)買うから上がる、
上がるから買うといった、いわゆる完全なバブルが復活する
可能性はないということ。


説明の出来ない水準まで高くなっていたクロス円(特に
オセアニアや新興国通貨)が、再び説明できない水準まで
買われるかといえば、さすがにそんなことはない。


仮に今の水準が円が買われすぎだとしても、若干戻すくらいが
妥当なラインなのかなーと。


もちろんこれは中央銀行が適切な対応を取った時の話。


まあ、明日は試しに円安方向へ動いてみて、大量の
戻り売りにあって、ふと今円を売る理由のないことに
気付いて再び円高へ。
そして8月中には110円を目指してあたりが予想第一候補。


予想第二候補は一気に110円割れまで数日で突っ走り、
ようやく日銀の介入の警戒感から110円までは戻して停滞。


予想第三候補は115円くらいまではとりあえず様子を見て
今週いっぱいくらいはそのあたりでうろうろ。


もちろん第一候補の発生確率が一番高いと予想。


ただとりあえず、当分は怖すぎるので、昼間にポジションは
取らずに夜だけトレードで^^。




その他の情報は
ここここ


参考HP:初めての外国為替証拠金取引(FX)


にほんブログ村 為替ブログへ ←参加しています。
スポンサーサイト

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

【2007/08/20 00:19 】 | 外国為替証拠金取引(FX)総合 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<システムトレードでのバージョンupの意味 | ホーム | システムトレードではボロ儲け!>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://gaitamelfx.blog81.fc2.com/tb.php/245-12ee3372
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。