FC2ブログ
信用収縮はどこまで!?
サブプライム問題を発端とし、一気にリスクマネーの信用が
収縮し、円がまとめて買い戻されているのが最近。


この傾向はとどまるところを知らず。


今日はスペインのサンタンデール銀行で高リスク融資残高が
あるとの報道に反応してクロス円買い(ユーロ売りが中心)。


この銀行は以前から貸出残高があることを公表し、貸倒引当金
も十分積んでいるはず。


これがほじくり返されるだけで円買い。


つまるところはなんだかんだと円買戻しの理由をみんな
探していると言うこと。


そもそも個人やファンドの盲目的な円売りがなければ、輸出
大国である日本においては円買い需要の方が明らかに大きい。


信用収縮が収まらない限りは当分は円売りは発生せず。


実需だけでは円買いが多いので円高要因。


さすがにここ数年は儲けっぱなしだった個人も、為替には
リスクがあるものと認識しているはず。


このことから、盲目的な円売りは当面は見込めず。


もう少しましだと思ってたけど、しばらくは円買いでいく
しかないのかなーと。


別に円売りでも円買いでもどっちでもいいのだけど^^。




その他の情報は
ここここ


参考HP:初めての外国為替証拠金取引(FX)


にほんブログ村 為替ブログへ ←参加しています。
スポンサーサイト



テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

【2007/08/15 00:06 】 | 外国為替証拠金取引(FX)総合 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<円全面高の理由!? | ホーム | 通貨別円高の余地!?>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://gaitamelfx.blog81.fc2.com/tb.php/238-a5052199
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |