FC2ブログ
クロス円全面安!!
今朝はクロス円が全面安。


最大の原因は米国金利の上昇。


米国債入札が不調に終わり、10年国債の利回りが急騰した
ことから米株式市場が急落。


最近の好経済指標もあり、米国の金利が引き上げられるとの
懸念がかなり大きくなった模様。


”米国の金利が上昇すれば円安ドル高になる”と本に書いてある
ように単純であればいいのだが、株式市場と円キャリーという
要素が入るため、そうはいかず。


米株式市場の急落を受け、リスクマネーがいっせいに借りていた
円を返済(つまり円の買い戻し)し、クロス円が全面安に。


今はまだ米国だけのため影響は限られているが、この株安が
世界に波及すると円の急騰は今朝の比ではない。


とりあえず、次はアジアの株式市場がどう動くかに注目!




その他の情報は
ここここ


参考HP:初めての外国為替証拠金取引(FX)


にほんブログ村 為替ブログへ ←参加しています。
スポンサーサイト



テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

【2007/06/13 08:41 】 | 外国為替証拠金取引(FX)総合 | コメント(3) | トラックバック(0) | page top↑
<<円安はどこまで? | ホーム | NZ中銀介入の他通貨への影響>>
コメント
こんばんわ。
大変申し訳ない唐突な質問していいですか?
時間のある時にでも教えて下さい。
クロス円の基本的な質問です。例えばユーロ円ですが、
ユーロドルが下げてるのに、ユーロ円は上がってるというのは、
ユーロドルでドルが強くて、
ドル円でもドルが強くて、
ユーロと円では更にユーロが強い。
要するにドルだけが強くなってるだけで、
クロス円であるユーロ円は常にドルの変動の影響を受けている。
で、正しいでしょうか?
もしそうなら、弱っちい円で勝負するより、
ユーロドルで直接勝負した方が楽しそうな気がしますが?
どうなんでしょうか?
基本の基本な質問で申し訳ありません。
よろしくおねがいいたします。
【2007/06/14 01:15】 | URL | ひな #-[ 編集] | page top↑
>ひなさん
こんばんは。
うーん正しいかと聞かれると間違ってはいないですが・・・って感じですねー。
上記のケースでは 円<ユーロ<ドル という強さの順になっていますが、この場合はユーロドルよりドル円のほうが値動きは激しくそういう意味では楽しくなっているはずです。
また、ユーロ円ですが、ドルだけに材料が出てドルに対して同じ割合で上昇(又は下落)した場合はドルの影響は受けません。
値動きが激しいこと=楽しいとした場合は、一概にはユーロ円よりユーロドルの方が楽しいということは言えないかと思われます。
そりゃあトルコリラとか南アランドとかの新興通貨が楽しいですよ。平気で一日2円~3円くらい動きますから。ドル円なんかで差額をせこせこと取っているのがバカらしくなるくらい。
間違っても長期保有なんて考えを起こすと、信じられないことが平気で起こるので注意が必要なのですが^^。
【2007/06/15 01:32】 | URL | たんたん #TY.N/4k.[ 編集] | page top↑
こんばんわ。
回答ありがとうございます。
勉強になりました。
【2007/06/16 01:38】 | URL | ひな #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://gaitamelfx.blog81.fc2.com/tb.php/169-0e60b18c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |