スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
Forex Megadroid のロジックは!?
過去3回書いた、Forex Megadroid の記事


第1回 9,000円を49,800円で販売!? →こちら (注1)
第2回 Forex Megadroid はどう使えるのか? →こちら
第3回 Forex Megadroid の検証結果 →こちら


(注1)
書いた時には誤解していたが、49,800円には商材代は
含まれていないらしい。そりゃそうか。
そして、さっき確認したら、49,800円が39,800円に
なっていた。
何が違うのかと言えば、輸入代行を外している。
輸入代行とは、口座開設の代理店みたいなもので、
開設を代理でする代わりに、取引をするたびに、代理人に
何pipsかがキャッシュバックされる仕組み。
良心の痛みを感じて外したのでないことは間違いないので
どこかからクレームがついたのだろう^^;。



4回目は、Forex Megadroid のロジックについて


Forex Megadroid の売買結果はいろいろなところで公開されて
いるので、調べれば誰でもわかるんだけど、まあ面倒くさい
だろうということで、まとめて公開^^。


基本:猫も杓子も真似をしているアジア時間での逆張り
損大利小ロジック


通貨ペア:ユーロドル


エントリー曜日:日本時間で火曜~金曜日


エントリー時間:日本時間で6:00~8:00(2時間)


エントリー条件:過去の高値または安値に到達したときに
逆張りでエントリー。参照する過去の期間は直近の値動き
により変動しており詳細は不明。長くても数時間以内。


エントリー件数:最大2件(2本目は必ず1本目より有利
なレートまたは1本目と同値でエントリー)


決済条件:
①利幅が10pips(2本エントリーの時は、1本は15pips)に到達
(ただし、1時間以上経過した場合は少しでも利益が出ると決済)
②ストップロスに到達
③エントリーから12時間が経過
(注)①の場合は少し待つ時がある。②・③は問答無用で決済


ストップロスの幅:直近の値動きによって、42pips~152pips
の間で変動。基本は過去の高値または安値。
2本エントリー時は一つが大きく一つが小さい。


10pipsと15pipsの違い:2本エントリーする場合、ストップロス
の幅の大きい方が15pips、小さい方が10pipsを狙いに行く。


取引しない日:毎月30日、31日、1日(つまり、毎月
日本時間の2日~29日にエントリー)


まあ、こんな感じかなー。


ちなみに、パラメータの設定は、ほとんど触る余地は
ないんだけど、


Aggressive → true で検証
これがfalseだと、同時に1本しかエントリーせず、すべての
エントリーで10pips狙いになる。


RecoveryMode → false で検証
これがtrueだと、マイナスが出た場合には損失を
取り戻すまで自動的に建て玉が設定の2倍になる。
素人受けするが、理論的には全く意味がないので
false以外あり得ない。


ま、それなりによくできてるよ。


ただし、過去にも書いているように、完全自動売買は
お勧めしていません。


ストップの付け方は素晴らしいが、やっぱり限界もある。


なので、ストップの付け方を覚えたら、後は手動で
がんばりましょう^^。




その他の情報は情報のいっぱい詰まった


為替ブログ 


か 人気ブログランキング で


参考HP:初めての外国為替証拠金取引(FX)


過去の四本値を取得するには以下の2社で
ひまわり証券 又は 外為どっとコム



にほんブログ村 為替ブログへ ←参加しています。





スポンサーサイト

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

【2009/12/19 14:46 】 | Forex Megadroid | コメント(0) | page top↑
<<Forex Megadroid の検証結果 12/19まで | ホーム | ドル高はどこまで続く!?>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。