スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
どの水準まできたのか!?
さて、金曜日は結局終わりはなにもなく終了。


ユーロドルが期待を次週に延ばしたものの、他の通貨は
期待通りの働き。


すべてがかなりの円安(ポンド円含む)に振れている。


では、どの水準まで円安が進行してきたのか。


ドル円・・・2009年9月中旬
ユーロ円・・・2009年6月初頭及び8月初頭高値
豪ドル円・・・2008年9月末
ポンド円・・・2009年9月中旬


ドル円についてはドル安も同時に進行中のため、さほど
円安にはなっていない。


ポンド円についても、基本的には円と同じくらい信用
出来ない通貨なので、回復も途上。


ユーロ円はすでに、今年の6月と8月の高値である、
139円前後まで到達目前。


これを超えれば、2008年10月の日経先物が1000円
ストップ安という前代未聞の事態に陥り6000円台を
つけた時の急落前水準が見えてくる。


そして、この2008年10月の急落前水準を既に回復
しているのが豪ドル円。


先週も着実に円安を進行させ、ほぼ85円に到達。


これで、完全にちょうど1年前の水準を回復している。


きっかけは、もちろん政策金利の引き上げ。


引き上げると市場でずっと言われ(もちろんブログでも
書いていた)にもかかわらず、実際の引き上げがあると、
その後に加速をつけて豪ドルが続伸。


普通は材料出尽くしとなるところなんだけどねー。


よほど、高金利への執念は凄いらしい。


裏を返せば、次の金利引き上げ通貨を探すことが、
今は最も利益を稼ぐ近道。


多分、相当上昇するはず。





で、どこが金利を上げるのか。


恐らくオーストラリアは時間の問題。


一度上げて成功しているので、もう心配はいらない。


その次はユーロかなと。実はアメリカも同じくらいかなと
考えているのだが、どうも市場はユーロ持ちらしい。


まあ、この2つについては同じくらい。


で、日本円。


恐らくこの日本円の利上げが最後になる。


子供から借金してばらまくだけばら撒いても経済対策には
全く興味のない政権なので、将来像がまったく見えない。


労働者の給料を上げることには必死だが、企業を成長
させるという幹の部分が完全に抜け落ちている。


派遣を禁止したら、今の派遣の人が正社員に代わるだろう
とか、何かを根本的に勘違いしてるんだよねー。


そのあたりは稲盛さんとか言ってくれたらいいのに。
遠慮してないで。


まあ、いずれにしても、利上げが行いうる状況に向けての
施策が皆無である日本においては、確実に利上げは、
一番最後。


つまり、各国が利上げが出来る状態に回復し、利上げを
していくたびに、円は安くなる。


この頃にはいくらボケ老人が円高歓迎!と言っても、投機
の人たちは見向きもしないし。


ま、仕方ないね。病んでる部分を手術する代償と思えば。




その他の情報は情報のいっぱい詰まった


為替ブログ 


か 人気ブログランキング で


参考HP:初めての外国為替証拠金取引(FX)


過去の四本値を取得するには以下の2社で
ひまわり証券 又は 外為どっとコム



にほんブログ村 為替ブログへ ←参加しています。






スポンサーサイト

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

【2009/10/25 00:20 】 | 外国為替証拠金取引(FX)総合 | コメント(0) | page top↑
<<今週はどうしよう!? | ホーム | ポンド急落!?>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。