FC2ブログ
過去の10月の成績は!?
明日から10月相場入り。


株式ほどの区切りが10月にあるとは思えないが、それでも
各月の動向は違っているはず。


ということで、過去5年の10月のドル円相場の成績を
見てみると・・・


    月初  月末  差引
2002年 121.65 122.46 +0.81
2003年 111.49 109.92 -1.57
2004年 110.04 105.82 -4.22
2005年 113.44 116.41 +2.97
2006年 118.07 116.95 -1.12


と、見事に目立った傾向なし^^;。


6月や7月のように過去5年中4年円高とか、
8月や11月、12月のように過去5年中4年円安とか
そういうのを期待していたのだが、方向も振れ幅も
全く統一性なし。


今年みたいな異常?な変動があった時でも
6月4.51円の円高
7月2.88円の円高
8月0.94円の円高
と、一応6月7月に比べて8月や円安になりやすい月なので
円高幅も小さかったとかいう、後講釈も出来るのだが、
10月は・・・といった感じ。


逆に言えば、あらかじめ決まったトレンドがない月なので、
何かの材料には反応しやすいとも言える。


特にしつこいくらいに引きずっているサブプライム問題
絡みの材料には、暇している市場参加者が飛びつく可能性大。


と、いうことなので、金曜日の雇用統計は言うまでもなく、
火曜日の米8月中古住宅販売保留にもかなり要注目!


個人的にはちょっと最近いろいろ忙しすぎて参加出来て
ないので、金曜まではおとなしく、金曜日にドカンと
どちらかに振れてくれると最高かなと思ってはいるが。


円高でも円安でも^^。




その他の情報は
ここここ


参考HP:初めての外国為替証拠金取引(FX)


過去の四本値を取得するには
ひまわり証券 又は 外為どっとコム


にほんブログ村 為替ブログへ ←参加しています。
スポンサーサイト



テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

【2007/09/30 22:55 】 | 外国為替証拠金取引(FX)総合 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
8.9急落前の水準を既に回復!?その意外な通貨とは・・・
米ドルを除き、すこぶる堅調な動きを続けるクロス円たち。


また95%以上の人が儲かっている相場へ突入した感がある。


まあこれについてとやかく言うつもりはないが、それでも
主要通貨は8月9日の急落前の水準は回復できていない。


にもかかわらず、ひそかに回復している通貨がぱっと見で
2つほど存在している(もちろんクロス円の話)。


その通貨とはCADとNOK。


何のことか分からない人も多いと思うが、これ、カナダドルと
ノルウェークローネのこと。


言ってみればマイナー通貨が既に急落前の水準を回復している。


ということは、他の主力通貨に対してもこれらの通貨は上昇
しているということ。


正直、普段はあまりチェックすらしない通貨なのだが、これだけ
上昇するほど両国特有の事象が発生したとは考えにくい。


だとすれば、残る可能性は上がるから買う方式での上昇。


一時のクロス円が、到底説明できない水準まで先物が買われ、
これに伴い現物も上昇していたが、説明できないことは必ず
説明できる状態になることを実践済み。


これら2つの通貨も説明できる水準になるのか。


しばらくはちょっとだけ注目して見て見ようかと。
もちろん見るだけではないんだけど^^(CAD&NOK売りで)。


さて^^。




その他の情報は
ここここ


参考HP:初めての外国為替証拠金取引(FX)


過去の四本値を取得するには
ひまわり証券 又は 外為どっとコム


にほんブログ村 為替ブログへ ←参加しています。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

【2007/09/30 02:27 】 | 外国為替証拠金取引(FX)総合 | コメント(4) | トラックバック(0) | page top↑
膠着相場の動くタイミングは!?
今日の欧米株式市場はイギリスとフランスが前日比マイナス、
ドイツがプラス、ダウが下げて始まりナスが上げて始まると
いう非常に分かりづらい状況。


このような状況だからもちろん株式市場に正比例する為替
市場も非常に分かりづらい状況。


米ドル、ユーロ、豪ドルにポンドまでが前日比50銭の幅の中。


あまりに動きすぎる相場に慣れてしまったせいか、このごく
当たり前の相場が膠着状態のように見えてしまう。


こういうときは、サプライズ指標又は何とかショックで一気に
変動するもの。


ということで、来週はお待たせしました雇用統計の週。


前月はほとんどの予想を覆し、マイナスとなったが、今回は
どうなるのか。


さすがに今回は前回ほどのサプライズは起こらないだろうが
それでも何かあればインパクト的には抜群。


それまでが膠着している状態ではなおさら。


もちろんここまで膠着していない可能性もある。


その原因となる第一候補は指標ではなく何とかショック。


何とかにはどこの国のどこの金融機関が入るか分からない^^;。


でも、まだまだ材料視したがる方々(通常ファンドさんたち)が
いるので、大きな変動となる可能性は十分にある。


もちろんこの変動は円高方向に振れる(円キャリー解消により)。


膠着のまま金曜日か、何とかショックか、他の材料である程度
動くのか。


来週を考えながら・・・今週はそろそろ店じまいの準備を。。
(と書いているうちに消費者信頼感指数が悪化して円高に
なっているが、、、ま、特に問題ないかなと^^)




その他の情報は
ここここ


参考HP:初めての外国為替証拠金取引(FX)


過去の四本値を取得するには
ひまわり証券 又は 外為どっとコム


にほんブログ村 為替ブログへ ←参加しています。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

【2007/09/28 23:36 】 | 外国為替証拠金取引(FX)総合 | コメント(5) | トラックバック(0) | page top↑
重要指標の発表間近!
もうすぐ8月新築住宅販売件数が発表。


かなり落ち込んでいるのは既に市場に織り込み済みだが、
それでもサブプライム問題の影響を図る上でかなり注目
の指標となる。


何かと円高の理由を探っているように見える最近の市場。


予想は概ね82.5万件(前月比-5.2%)程度だが、これを
大きく下回るようだと間違いなくクロス円が全面安となる。


特に上昇のピッチが早かったユーロや豪ドルについては
下落幅も恐らく大。


米ドルについても当然114円台までは下落する。


いいとはとても思えない指標で勝負をかけるか逃げるのか。


もちろん私は逃げで^^。





と、いいながらも欧州株式市場は上昇中。


現在は利益確定の円買いを吸収中。


ただし指標の悪化の度合いにもよるが、大きく悪化するようで
あれば、この株式市場もすぐにマイナスに転じる。


"株式市場の下落=円高"の公式が今日に限って崩れる理由は
どこにもない。


リスクを回避して、結果を見てから取引するのが一番賢明
だと思うんだけどねー。


怖がりの人には^^。




その他の情報は
ここここ


参考HP:初めての外国為替証拠金取引(FX)


過去の四本値を取得するには
ひまわり証券 又は 外為どっとコム


にほんブログ村 為替ブログへ ←参加しています。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

【2007/09/27 21:09 】 | 外国為替証拠金取引(FX)総合 | コメント(4) | トラックバック(0) | page top↑
問題の水準での対応は!?
少し前に書いた通貨別予想レンジ。
http://gaitamelfx.blog81.fc2.com/blog-entry-285.html


もちろん現在も米ドル、ポンドはこのレンジの中。


逆にユーロや豪ドルは着々とパリバショック前の水準
足場を固めている。


米ドルやポンドがユーロに対して下げる影響で円安になって
いる面が強いとはいえ、主要株価指数も上昇しており
かなり現時点では円安へのフォローが吹いている。


問題は、パリバショック前の水準近くに到達したときに
どのような反応を示すか。


ファンドさんたちは塩漬けなんて意味のないことはしないため
さほど影響はないと考えられるが、急落前の水準でようやく
プラスになった瞬間に売ろうという個人はかなり多いはず。


一番やってはいけない投資方法だが、そこそこの規模を示す
ようになってきている個人投資家さんたちの傾向を利用しない
手はないため、ひとまずその水準では円買いかなと^^。


反対に米ドルやポンドについては到底その水準まで行くことは
望めるはずもないため、そろそろ円買いの準備。


レンジがブレイクされるまではレンジ内で売ったり買ったり。


特に謎の上昇を続けている米ドルについては、また何かの
きっかけですぐに売られるんだろうなーと思いつつ。


さて^^。




その他の情報は
ここここ


参考HP:初めての外国為替証拠金取引(FX)


過去の四本値を取得するには
ひまわり証券 又は 外為どっとコム


にほんブログ村 為替ブログへ ←参加しています。
【2007/09/27 00:03 】 | 外国為替証拠金取引(FX)総合 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
行って来い、そして・・・
昨日為替は完全に行って来いの展開。


円全面高と書いているブログの最中に23時の経済指標が
発表となり、消費者信頼感指数で悪化したものの、注目の
8月中古住宅販売件数が予想外に小規模改善したことから
株高に合わせて円高前のポジションに一直線。


米国株式市場との相関関係はすごい。
一度グラフにしてみたいくらい。


当分はこういう展開が続くんだろうねー。


円を本気で誰も売らず。


かといって本気で買わず。


株高で円を売り。


株安で円を買う。


ひそかに本気で売られているのは米ドルだけ。。。と。


もちろん米ドルが売られるということは、円高ドル安になるので
さりげなく気付けは対米ドルでは円高になっているはず。


残りの通貨は株式市場次第。


さて・・・今日の株式市場は^^;。




その他の情報は
ここここ


参考HP:初めての外国為替証拠金取引(FX)


過去の四本値を取得するには
ひまわり証券 又は 外為どっとコム


にほんブログ村 為替ブログへ ←参加しています。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

【2007/09/26 07:35 】 | 外国為替証拠金取引(FX)総合 | コメント(1) | トラックバック(0) | page top↑
円高再び!?
またもサブプライムぶり返しで円買戻し。


クロス円全面安。


毎回毎回同じ材料で飽きないのかなと思うのだが、裏を
返せば本気で円を売ってるのは個人くらいということ。


大した理由でもないのに何かと理由をつけて円を買い戻し。


少し売って、追随させてまた決済。


ドル円やポンド円ならともかく、他の通貨も全面安と
いうことは明らかにリスクマネーさんたちの仕業。


まあ前から書いているように、株式市場が下落している時は
円売りと非常に分かりやすい相場なのでまだいいのだが、
株価が上昇しているときに円買いなんて仕掛けられると
かなりショックなことになるような(個人的に)。


それではこの円高どこまで続くのか。


一つはっきりしていることは、この前のクロス円暴落の
水準で一段落するということと、これを超えると底が
見えなくなるということ。


8月暴落時にはリスクマネーさんたちはほとんどポジションを
決済し終わっていたと思われることから、少なくともこの
水準では円キャリーの巻き戻しという理由での円買いは続かない。


ただし、投機的な円買い→(強制)ロスカットといった流れに
なると、もう止められない。


というのはこの間の暴落ですごくよく分かったはず。


こっちは個人的に大歓迎なんだけど・・・


さて^^。




その他の情報は
ここここ


参考HP:初めての外国為替証拠金取引(FX)


過去の四本値を取得するには
ひまわり証券 又は 外為どっとコム


にほんブログ村 為替ブログへ ←参加しています。
【2007/09/26 00:02 】 | 外国為替証拠金取引(FX)総合 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
下落率&回復率ランキング!?
この8月は今まで損をすることなく儲けてきた素人投資家
さんたちが、大損をした月として、かなり注目された月。


原因の90%以上はレバレッジ計算が出来ないにもかかわらず
(例えばレバレッジ200倍を一か八かのギャンブルではなく
投資であると思ってしまっている等)投資をしたため。


対策は現在の投資がどのくらいなのかを正確に把握することに
尽きるが、なかなか難しいよう。


それではどのくらい各通貨は下落していたのか。


7月以降の下落率&回復率ランキングは以下の通り。

    高値 安値 先週末 下落率 回復率
米ドル円 123.63 111.57 115.33 9.8% 31.2%
ユーロ円 168.93 149.23 162.51 11.7% 67.4%
豪ドル円 107.69 86.00 99.86 20.1% 63.9%
ポンド円 251.07 219.27 232.98 12.7% 43.1%
NZドル円 97.73 74.22 85.73 24.1% 49.0%


回復率とは高値から下落した幅のどこまで先週末までに
回復したかの率。


かなり見にくい表になってしまっているが、下落はそれまでに
上昇しすぎていたオセアニアが断トツ。


反対に回復率は、利下げに踏み切った米ドルや金融機関が
まだまだ怪しいポンドが小さくなっている。


これを見てるとやっぱりユーロが買いにしか見えないんだけど
まあ恐らくみんなもそう思っているだろうから・・・。


逃げる準備だけは万端にしてユーロ買いかなと^^。




その他の情報は
ここここ


参考HP:初めての外国為替証拠金取引(FX)


過去の四本値を取得するには
ひまわり証券 又は 外為どっとコム


にほんブログ村 為替ブログへ ←参加しています。
【2007/09/25 00:05 】 | 外国為替証拠金取引(FX)総合 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
明日の注目材料!?
ようやく落ち着き始めてきたサブプライム問題。


明日はその関連?指標である米8月中古住宅販売件数が
発表になる。


しかも9月消費者信頼感指数と同時発表。


米ドルはかなり安くなっていることから米ドル単独での
要因による円高(ドル安)にさらに振れる可能性は
それほど高くはない。


ただし、今までどおり株式市場の下落に伴う円単独での
要因による円高は十分ある。


つまり、円キャリートレードの巻き戻し。


米ドル以外の方が下落幅が大きくなると想定はされるが
当然米ドルにも影響あり。


ということで、23時には少し注目!




その他の情報は
ここここ


参考HP:初めての外国為替証拠金取引(FX)


過去の四本値を取得するには
ひまわり証券 又は 外為どっとコム


にほんブログ村 為替ブログへ ←参加しています。
【2007/09/24 00:05 】 | 外国為替証拠金取引(FX)総合 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
通貨別予想レンジ!?
かなり落ち着き始めた為替市場。


8月のサブプライムショック後の
安い通貨は円と米ドルとポンド
高い通貨はユーロとオセアニア。


安い通貨はほぼレンジ相場となっている。


<レンジ>
米ドル 113円~116.50円
ポンド 229円~235円


8月下旬から1ヶ月間はほぼこのレンジの中。


円安ドル安ポンド安。


当分はこのレンジで投資しかないかなと。


ブレイクすればもちろんそちらについていくが。


逆にユーロとオセアニア通貨についてはかなり円安に
振れている。


こちらは円安方向に小刻みに投資をしながら、一気の
円高に必ず乗る戦略。


無理に円安に振れている時は必ず円が急騰する時が来る。


一番の儲けどころはこの急騰なんだけど。


さて^^。




その他の情報は
ここここ


参考HP:初めての外国為替証拠金取引(FX)


過去の四本値を取得するには
ひまわり証券 又は 外為どっとコム


にほんブログ村 為替ブログへ ←参加しています。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

【2007/09/23 01:26 】 | 外国為替証拠金取引(FX)総合 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
先週末との比較!?
株価下落も1日で終わり今日は再び上昇中。


もちろん最近欧米の株式市場に正比例のクロス円も
現時点では全面高。


それでは先週末に比べて現時点ではどのくらいの
水準となっているのか。


先週末時点での為替レートは以下の通り。


米ドル円 115.31円
ユーロ円 160.01円
豪ドル円  97.13円
ポンド円 231.48円
NZドル円  82.21円


ブログを書いているうちにも変動するため現時点での
レートは省略するが、概ねでは
対米ドルが約30銭安
対ユーロが約2.8円安
対豪ドルが約2.8円安
対ポンドが約2円安
対NZドルが約2.5円安


これを見ているとFOMCで利下げのあった米ドル及び金融機関
の信用不安の消えない英ポンドの上昇率が極端に低く、
他の通貨、特にオセアニア通貨が大きく上昇している。


円安ドル安ポンド安
ユーロ高豪ドル高NZドル高


といった感じ。


これを見てると、米ドルやポンドは円キャリートレードが
なくなった瞬間に暴落(円急騰)するんだろうなーって
雰囲気がありあり。


株価を横目に見ながら、通貨を選別して円売り、そして
株価が下落に転じた瞬間円買いだろうねーと。


いつまで株価が持つかが最大のポイントで。


ちなみにブルームバーグを見ていると、ドル円の
リーマン予想は07年末110円、08年末100円。


結構いい線かもと思ったり^^。




その他の情報は
ここここ


参考HP:初めての外国為替証拠金取引(FX)


過去の四本値を取得するには
ひまわり証券 又は 外為どっとコム


にほんブログ村 為替ブログへ ←参加しています。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

【2007/09/22 01:25 】 | 外国為替証拠金取引(FX)総合 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
欧米株下落の影響!?
欧米株下落の影響を受け、クロス円も概ね大幅安。


一気にFOMC前の水準を突破し円高へ。


あの結構いい政策だと思ったんだけどねー。


結果的には絶好の円買いのタイミングを与えただけ。


株価が下落している時は円を買う


いつからか(多分円キャリートレード全開の頃から)出てきた
この投資スタイル。


何か間違っていると思いつつ、実際に市場がそう動くの
だからしかたがない。


ということで、今は円買い。


リスクマネーさんの動きがそのまま為替市場の動きとなる
この状態、何とかならないものかなーと。


ならないんだろうねー当分は^^。




その他の情報は
ここここ


参考HP:初めての外国為替証拠金取引(FX)


過去の四本値を取得するには
ひまわり証券 又は 外為どっとコム


にほんブログ村 為替ブログへ ←参加しています。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

【2007/09/21 00:01 】 | 外国為替証拠金取引(FX)総合 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
FOMC後は!?
昨日(正確には今日)はFOMCサプライズ。


ブルームバーグとかでは事前に0.5%を予想していた人が
してやったりの顔をしていたが、お見事としか言いようがない。


もちろん私の予想も見事に外れ。


別に0.25%に向けて大きなポジションを取るほど勇猛な家系
ではないため影響はないのだが、それにしてもびっくり。


ここで0.5%下げられれば素晴らしいと思いつつ、かなりの
確率で無理と考えていたのだが。


やっぱりアメリカは人材が豊富。


この時期に「諸外国の利下げにはある意味日本景気に好影響で
でありむしろ利上げのフォロー」などとのたまうボケ老人が
トップを務める国とは大違い。


発言する時期考えろよと誰もが突っ込む発言にはびっくり
したが、幸いにも0.5%のインパクトが強すぎて問題視されず。


FOMC後は金融機関の救済に身内からクレームをつけられた
ポンドを除き、クロス円も全面高。


米CPIや住宅着工件数、建設許可件数にも大した反応は見せず。


売られまくっていた豪ドルなんかは100円に乗せる勢い。


ポンドを除いて当分は円安基調が続くのかなと。


もちろん前提条件は株高なので、株安になると即円買い
に走るのが正解となるが。


さて^^。




その他の情報は
ここここ


参考HP:初めての外国為替証拠金取引(FX)


過去の四本値を取得するには
ひまわり証券 又は 外為どっとコム


にほんブログ村 為替ブログへ ←参加しています。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

【2007/09/20 00:16 】 | 外国為替証拠金取引(FX)総合 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
FOMCサプライズ!!
がまんでずにちょっぴりFOMCイベントに参加。


いやーすごいね、ばーなんきさん。


絶対に0.5%の利上げは出来ないと思ってたんだけど、
さすがにやる時はやる(どこかの中央銀行とは大違い)。


もちろん直後はクロス円は全面安。


アメリカ利下げでなぜクロス円が安くなるかといえば
もちろん米国株式市場が急上昇し、リスクを取れるように
なった人たちが円を借りて他通貨へ投資するから。


今回は円安側であり、窓を開けなかったため、小銭を
無事ゲット。


米ドルはさすがに金利差縮小から一時円高になったが
既に発表前の水準まで戻している。


ドル安円安が現時点では復活。


ということで、そろそろポジションを手仕舞って就寝zzz。


これを持ったまま寝る勇気ないんで^^。




その他の情報は
ここここ


参考HP:初めての外国為替証拠金取引(FX)


過去の四本値を取得するには
ひまわり証券 又は 外為どっとコム


にほんブログ村 為替ブログへ ←参加しています。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

【2007/09/19 03:59 】 | 外国為替証拠金取引(FX)総合 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
今晩のFOMCでは!?
もうすぐFOMC。


今月7日の雇用統計で大きく円高に振れたのも大半が今日の
FOMCを意識したもの。


事前予想は昨日と変わらず。


0.25%なら窓を開けて円高


0.5%なら円安


0.25%かつ利下げ継続のコメントなら現状維持orやや円安。


そして実際のFOMCでは
・利下げ幅・・・0.25%
・今後の見通し・・・適切に判断する
を予想。


つまり円高かなーと思いつつ、昨日は若干円高気味だったため
少し慎重に見ていたが、本日は無事円安に振れていることから
まあ雇用統計の時よ、もう一度といった感じ。


唯一かつ致命的な欠点はこのイベントが丑みつ時を過ぎた
あたりで行われること。


普通寝てるよという時間で、もちろん私も就寝中。


さすがにポジションもって今回のFOMCを迎えるほど勇気は
ないので少しだけ逆指値&ストップを入れておき、後は
起きてから結果を見るだけ。


この間の雇用統計のときは楽しかったのになーと思いつつ。


ちょっとくらい日本人のことも考えて・・・くれないよね^^;。




その他の情報は
ここここ


参考HP:初めての外国為替証拠金取引(FX)


過去の四本値を取得するには
ひまわり証券 又は 外為どっとコム


にほんブログ村 為替ブログへ ←参加しています。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

【2007/09/19 00:02 】 | 外国為替証拠金取引(FX)総合 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
FOMC後の展開予想!?
火曜日(日本時間水曜日)にFOMCが開催。


雇用統計のマイナス等を受けて、利下げされることは確実。


問題はその幅とその後のコメント。


ではどのような結果が予想されるのか。


まず0.25%が出たケース。


教科書どおりだとアメリカ利下げ→円高ドル安となるが、
そう単純じゃないのはいつも書いている通り。


0.25%の場合はまず株式市場に失望感が出る。


これに伴い株価が下落し、リスクを取れなくなったファンド
さん達が、115円まで引き上げたポジションを一気に手仕舞い。


クロス円と共に円高がほぼ確実に進行する。


反対に、0.5%の場合は株式市場にとってはポジティブ
サプライズ。


株価が上昇し、円借り取引も少しは復活し、円安方向へ
かなり振れる可能性が高い。


それではどちらの可能性が高いのか。


答えは簡単。利下げ幅は0.25%で間違いなし。


市場では0.5%の期待もあるが、今までのバーナンキの
発言等を見ていると、まず0.25%以外ありえない。


ということで、ほぼ確実にFOMC後は円高になる。


ただし、唯一これを止める可能性があるのはバーナンキの
コメントで利下げ継続が確認されたケース。


これまた可能性は低いがもし今後何回かに渡って利下げを
行う意向が表明されればドル円は小幅に、他のクロス円は
上昇(円安)となる。


まあ普通に考えると
・利下げ幅・・・0.25%
・今後の見通し・・・適切に判断する


なんてことになって、株安ドル安円高かなと。


あくまで予想^^。




その他の情報は
ここここ


参考HP:初めての外国為替証拠金取引(FX)


過去の四本値を取得するには
ひまわり証券 又は 外為どっとコム


にほんブログ村 為替ブログへ ←参加しています。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

【2007/09/18 00:05 】 | 外国為替証拠金取引(FX)総合 | コメント(4) | トラックバック(0) | page top↑
クロス円急落!!
またもやサブプライム絡みでクロス円が急落。


今回の元凶はポンド。


銀行が損失を計上するだのなんだので、ポンドが全面安。


ポンドだけが安くなっていればいいものを、ポンド円の
下げ幅に目をつけて他のクロス円についても売り一色。


ある程度の損失を金融機関が計上するのはとっくに
市場では折込済み。


大して目新しい材料でないにもかかわらず、これだけで
クロス円が急落しているところを見ると、FOMCが
かなり思いやられる。


恐らく利下げ幅は0.25%。


これも市場はとっくに織り込み済みで0.5%ではない
失望売りといった流れが目に見えている。


この何かと理由をつけて円高にもって行きたい市場の雰囲気。


昨日のブログでは重要ポイントで踊り場と書いているが、
本日の流れを見てると円の最後の買い場(買戻しを含む)
になる可能性もかなり高いのかなと。


クロス円の買いが正解かなー。


あくまで想像^^。




その他の情報は
ここここ


参考HP:初めての外国為替証拠金取引(FX)


過去の四本値を取得するには
ひまわり証券 又は 外為どっとコム


にほんブログ村 為替ブログへ ←参加しています。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

【2007/09/17 16:55 】 | 外国為替証拠金取引(FX)総合 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
束の間の休息かそれとも・・・
本日(月曜日)は休日。


もちろん他の国は平日で普通に取引が行われるのだが、
市場参加者が少ない上に、火曜から水曜にかけてのビッグ
イペント3連ちゃんを控えて思惑による変動が起こりうる
可能性が十分あり、非常に注意が必要。


大体このような薄商いのときは極端に動き、その後に
修正されるのが一般的。


これは思惑に乗っかって動いた人たちが、他の人が動くのを
見て、素早くポジションを決済するから。


普段はあまりやらない逆張り(円高に振れたときに円売りor
その逆)も、このような日は場合によっては有効。


さてどうするかなと^^。


ちなみにビッグイベント3連ちゃんとはもちろん
FOMC→日銀金融政策決定会合→米8月CPI


かなり雇用統計前までは戻してきているので、どれか
一つでも株安要因が発生すると、一気に円高水準へ逆戻り。


すべてが株高要因だと、円安への進行の可能性もあり。


ちょっと前のブログにも書いたように、この水準が非常に
重要なポイント。


とりあえず、どちらに動いてもそれについていくという方針で^^。




その他の情報は
ここここ


参考HP:初めての外国為替証拠金取引(FX)


過去の四本値を取得するには
ひまわり証券 又は 外為どっとコム


にほんブログ村 為替ブログへ ←参加しています。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

【2007/09/17 00:02 】 | 外国為替証拠金取引(FX)総合 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
円高に耐えられる通貨別レバレッジ!
基本的には円高時に円ショートポジションを持ったまま
スワップ目的と自分に言い訳するのは大嫌いなのだが、
円安に振れると判断して円ショートポジションを持ち続ける
事はもちろんある。


その場合、当然どれだけ円高になれば耐えられるレバレッジ
になっているのか計算する。


例えば現在レバレッジ10倍ならドル円が104円になれば
ほぼ全財産がなくなる。


122円の時に、110円になればほぼ全財産がなくなるのと
同じ。


ちなみに同じレバレッジ10倍で


ユーロなら144円
豪ドルなら87円
ポンドなら208円
NZドルなら74円


で全財産がなくなる。


これは購入単位には一切関係なくすべてレバレッジ次第。


ちなみにレバレッジ5倍なら上記のレートになれば
全財産の半分がなくなる。


いかにレバレッジ100倍、200倍というのが意味のない
数字か。


高レバレッジを"うり"にする業者さん、いまだに消えない
よねーとまた最近思いつつ。


私は素人か悪質ですと言ってるようなもんなんだけどねー^^;。




その他の情報は
ここここ


参考HP:初めての外国為替証拠金取引(FX)


過去の四本値を取得するには
ひまわり証券 又は 外為どっとコム


にほんブログ村 為替ブログへ ←参加しています。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

【2007/09/16 01:00 】 | 外国為替証拠金取引(FX)総合 | コメント(7) | トラックバック(0) | page top↑
来週の最重要ポイント!!
先週末の雇用統計は予想をはるかに超えて悪化。


その結果を受けて、来週火曜日にFOMCが開催。


ここが今後を占う非常に重要なポイントとなる。


すなわち
・利下げをするのかしないのか
・利下げの幅は何%か
・今後の見通しをどのように表現するのか


このうち、利下げについてはほぼ確定。
利下げ幅についても0.25%でほぼ間違いなし。


ということで、注目ポイントはただ一つ。


今後の見通しについてどのようなコメントが出てくるのか。


あくまで過去の発言にしがみつき、インフレリスクを強調
するようであれば、利下げは単発。


もちろん株式市場が大幅続落し、この数日で売られた円が
すべて買い戻されることは確実となる。


反対に、もう一度くらい利下げの可能性を残すような発言がが
出るようであればこれは株価が大幅上昇。


円キャリーも少しは再開され直後は円全面安の展開へ。


確率的には前者(インフレを強調)する可能性の方が高いと
思われるが、さて。





ちなみにさらっと流した利下げの可能性。


万が一利下げがないとなると、確実に先週金曜日の雇用統計
直後の動きが再現。


窓を大きく開けて円が全面高となる。


まさかないとは思うが、絶対ないとは言い切れず。


怖いのでもちろんその日はポジションを大幅に圧縮する。


意外なところで日銀利上げなんて楽しいニュースが流れ
ないことを祈りながら^^。




その他の情報は
ここここ


参考HP:初めての外国為替証拠金取引(FX)


過去の四本値を取得するには
ひまわり証券 又は 外為どっとコム


にほんブログ村 為替ブログへ ←参加しています。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

【2007/09/15 00:16 】 | 外国為替証拠金取引(FX)総合 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
円安!!節目の水準へ
今日は夜になってクロス円が全面高。


直接の理由は欧米株式市場の上昇によるリスクマネーの
リスク許容度の上昇。


補助的な理由は日本の政局の混乱による円売り。


政局の混乱は株安に繋がり円高になると書いてきているが、
他国の株式市場が上昇している場合は話は別。


そしてたった2日前に
雇用統計前の水準に早々に戻ることが出来るか。
>これが現時点での最大のポイントとなる。
>ちなみに個人的予想はまず無理かなと。


と書いたにもかかわらず、あっさり雇用統計前の水準
(1ドル115.44円)を突破^^;。


まず無理どころか一瞬の出来事。


問題はここから円安に振れるのか再び円高に振れるのか。


前回も意味不明の円安になり116円をつけた直後に一気に
急落しているところを見ると、ドル買い円売り需要は
間違いなく大きなものではない。


一方で、すぐに雇用統計前の水準に戻すことが出来たことで、
円高トレンドの形成にも失敗。


ということで、この水準が非常に重要なポイントとなる。


とりあえず、当面は
・115円後半くらいから円買い
・114円台では円売り
・113円台突入で円買い(ストップ&逆指値)
・116.50円を超えると円売り(ストップ&逆指値)


の戦略で(今日現在)。




その他の情報は
ここここ


参考HP:初めての外国為替証拠金取引(FX)


過去の四本値を取得するには
ひまわり証券 又は 外為どっとコム


にほんブログ村 為替ブログへ ←参加しています。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

【2007/09/14 00:35 】 | 外国為替証拠金取引(FX)総合 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
首相退陣の影響!?
今日は昼間にサプライズニュース。


首相が所信表明演説直後に退陣表明。


前から退陣時期を探っていたとは言え、いくらなんでも
このタイミングは不思議すぎる。


株価については直後は下落、その後すぐに急騰してまた
下落と乱高下。


為替もそれに合わせて急騰と急落の繰り返し。


では今後はどうなるのか。


シナリオ1 首相が変わるだけ
この場合は恐らく現状と変化なし。
アメリカを中心とした株式市場に連動して動く、ある意味
ミラー相場が続くはず。


シナリオ2 首相が交代し、構造改革が一時中断。
この場合は特に外国人投資家からの日本株売りがかなりでる。
日本株売りはすなわち円買い(理屈は省略)。
ドル円での110円突破が視野に入ってくる。


シナリオ3 首相が交代し、衆議院が解散総選挙。
この場合は政権の枠組み自体が変わることとなる。
当然人気取りの政策が優先され、構造改革は大幅後退。
株式市場は大幅下落し、円も急騰。


という個人的メインシナリオが3つ。


さすがに今総選挙に踏み切るという判断はしないと思うが、
企業にとって有利になる政策が今後出る可能性はかなり
減少している。


もちろん政局の打開を交換して株式市場が上昇する可能性も
0ではないが、今回これが起こるかと言えば、非常に微妙。


もちろん株式市場の影響は為替に大きな影響を与える。


さて^^。




その他の情報は
ここここ


参考HP:初めての外国為替証拠金取引(FX)


過去の四本値を取得するには
ひまわり証券 又は 外為どっとコム


にほんブログ村 為替ブログへ ←参加しています。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

【2007/09/13 01:22 】 | 外国為替証拠金取引(FX)総合 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
バーナンキの講演の影響!?
午前0時(日本時間)から始まったバーナンキの講演。


為替を見る限り、その影響は特になし。


ニュースを検索する限りでも利下げコメントも特になし。


まさか次回のFOMCで利下げをしないことはありえないとは
思うが、その幅は恐らく0.25%の市場折込済みのもの。


サプライズは全くなく、むしろ次回の利下げは未定との
コメントが出れば、株式市場下落→円高ドル安のパターン。


0.5%くらいどーんと下げれば株価上昇→円安となる
だろうが、その選択肢はまずないかなと。


とりあえず昨日は112.58円は維持したが、過去1年間で
114円を下回って終わっているのは昨日と一昨日だけ。


今日も114円を割って終わるようだと、勢いのある円高
ではなく、緩やかな円高が続く可能性が十分。


雇用統計前の水準に早々に戻ることが出来るか


これが現時点での最大のポイントとなる。


ちなみに個人的予想はまず無理かなと。
まあ戻ったなら戻ったで円売りを再開するので特に問題も
ないし。


どちらでもいいんだけどね^^。




その他の情報は
ここここ


参考HP:初めての外国為替証拠金取引(FX)


過去の四本値を取得するには
ひまわり証券 又は 外為どっとコム


にほんブログ村 為替ブログへ ←参加しています。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

【2007/09/12 00:26 】 | 外国為替証拠金取引(FX)総合 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
早朝安値の維持は!?
今週は窓を開けてクロス円が下落して取引開始。


個人的には先週終値からずるずると円高に行く展開を
予想していたので、起きてびっくり。


朝一に円買い追加で、ずるずる円高に乗ろうと考えていたが、
さすがに予定より1円も円高では手を出すに出せず。


かといって、今の時期に円を売るほど勇猛な民族では
ないので、その後の円売りにももちろん参戦できず。


よって本日の成果はなし。


そして、その円安も当然のように再び円高基調へ。


単純に利食いの円売りが少し出ただけで基本的には円高。


次のポイントは早朝安値の112.58円を上回って終わることが
出来るかどうか。


いうまでもなく、先週は8月の暴落時よりもさらに円高水準
で終わっている。


さらに1円程度下から始まって、これを下回って終わるよう
では、完全な底割れで、下がまったく見えなくなる。


今日明日で、この112.58円を維持できるか。
現在の最大の注目点はこれ!!





そういやFRB、次回のFOMCまでまったく動く気配はなし。


市場も完全に0.25%の利下げは織り込み済み。


この通りだと、株式市場は失望売り、リスクマネーのリスク
許容度は大きく低下。


円売り取引は行われず。すなわち円高へ。


なんてことになりそうな予感。


あくまでまだ予感^^。




その他の情報は
ここここ


参考HP:初めての外国為替証拠金取引(FX)


過去の四本値を取得するには
ひまわり証券 又は 外為どっとコム


にほんブログ村 為替ブログへ ←参加しています。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

【2007/09/11 00:41 】 | 外国為替証拠金取引(FX)総合 | コメント(1) | トラックバック(0) | page top↑
明日の為替!?
明日の日本株式市場は大幅下落からスタート。


その流れを受けてリスクを取れなくなった人たちが
円を売って外貨を買う取引をしなくなり、実需の
円買いだけがばらばらと。


といった流れになればまだましだが、特に個人投資家層
ではまだまだ円ショートの塩漬けポジションが数多く
残っているはず。


そもそも塩漬けにするくらいなら買い戻そうよというのが
持論だが、どうも損切りをすることに抵抗があるようで。
(なんとかの法則というものがあるらしい)


この塩漬けショートポジションを狙った超短期の円買いが
入る可能性も十分。


円を借りて外貨に投資してというリスクマネーさんは
そんなに長期間リスクを取れない状態だが、円を買ってすぐ
売り戻すくらいの時間ならいくらでもリスクは取れるはず。


株式市場が上昇に転じない限り、円相場の反転(円安)は
ない。


しかし、日本の取れる政策は日銀の利上げ延期のみ。


他の国に比べてあまりに少ない。


ということで、すべてはFRB次第。


いつ利下げが行われるのか。そしてその幅は0.25か0.5か。


とりあえず、明日は円買いから入って株式市場がどこで
下げ止まるかの様子見かなーと。


下げ止まらないかもしれないけど^^;。




その他の情報は
ここここ


参考HP:初めての外国為替証拠金取引(FX)


過去の四本値を取得するには
ひまわり証券 又は 外為どっとコム


にほんブログ村 為替ブログへ ←参加しています。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

【2007/09/10 00:08 】 | 外国為替証拠金取引(FX)総合 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
8月安値との雇用統計後の比較!!
金曜日はクロス円大暴落。


8月の大暴落時の安値(終値ベース)までほぼ戻っている。


いわゆる"半値戻し"後は、再び元に戻ってそ知らぬ顔と
いった感じ。


最後は意味不明な円安後であった事もあり、雇用統計に
うまく乗れる結果とはなったが、8月安値と比べて、
どのくらいの水準まで落ちてきているのか。


    8月安値 昨日終値 騰落幅 騰落率
米ドル円 114.25 113.47 -0.78 -0.68%
ユーロ円 153.33 156.25  2.92  1.90%
豪ドル円  90.57  93.78  3.21  3.54%
ポンド円 226.42 230.15  3.73  1.65%
NZドル円  78.71  78.41 -0.30 -0.38%
データの入手元⇒ひまわり証券


8月暴落時に一番ましだった米ドルは完全に底値割れ。


マーケットが小さい割には利率のみに魅かれてその他の
要因は何も考えずに購入する人の多いNZドルも8月以下。


比較的マーケットが大きく、アメリカよりは景気が堅調な
ユーロや豪ドルだけが、8月安値よりもまだ円安水準。


もちろん、この水準は8月のクロス円大暴落後の水準を
基準としているだけであって、7月中旬から見れば
目も当てられないくらいの下落をしているが。


8月暴落時だけが異常な水準だとすれば、もうその水準には
戻らないはずだが、簡単に復帰。


つまりはこの水準が特に異常な水準ではないと言うこと。


もっと言えば、これ以上円高に行っても何もおかしくはない
と言える。


早期の利下げはなさそうだし。


月曜日は日本株の暴落→円高 から始まる展開なんだろうねー。


どう考えても^^。




その他の情報は
ここここ


参考HP:初めての外国為替証拠金取引(FX)


過去の四本値を取得するには
ひまわり証券 又は 外為どっとコム


にほんブログ村 為替ブログへ ←参加しています。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

【2007/09/09 00:06 】 | 外国為替証拠金取引(FX)総合 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
雇用統計後の展開!?
雇用統計は予想通り大幅に悪化。


といってもまさかマイナスまで行くとは思わなかったが。


クロス円ももちろん暴落。


昨日ブログではドル円で1円と書いたが、2円以上の下落。


他の通貨も軒並み予想以上の下落。


それではこの円高はどこまで続くのか。


少なくとも米利下げまでは円高の止まる理由はない。


速度調整はもちろんあるが、どう考えてもリスクマネーは
収縮→リスク取引の解消→円買戻しが終了するのは株式
市場が回復した時。


株式市場が回復するには利下げ以外の方法はない。


ということで、次の注目はいつ利下げが行われるか。


定例のFOMCまで行けば行われることは確実だが、それ以前に
利下げを実施することが出来れば市場マインドは大幅に改善。


逆にそれまでに行うことが出来なければ、円高は止まらず。


個人的にはばーなんきさんが利下げをするとは思えない
んだけどねー。


どこまで円高かが楽しみで。


はたして^^。




その他の情報は
ここここ


参考HP:初めての外国為替証拠金取引(FX)


過去の四本値を取得するには
ひまわり証券 又は 外為どっとコム


にほんブログ村 為替ブログへ ←参加しています。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

【2007/09/08 01:07 】 | 外国為替証拠金取引(FX)総合 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
明日の超ビッグイベント!?
明日はパリバショックでクロス円急落後、初めての雇用統計。


アメリカの景気動向や今後の利下げ判断等を大きく
左右する指標。


株式市場も大注目している。


予想は+10.0万人。


個人的にはまずこれは下回ることが確実と予想。


サブプライムの影響を小さく見せようとする米政府の意向は
最近の発表を見てると痛いほど分かるが、指標は正直。


恐らく大幅に下回っているはず。


そして、直後はリスクマネーが一斉にリスク回避に動き、
間違いなく円は全面高。


ドル円で1円、ユーロ円で2円、ポンド円で3円くらいは
一気に動く可能性も十分ある。


ただし、ややこしいのが、悪指標を受けた場合、恐らく
FRBが利下げを明確にすると予想されること。


教科書どおりならアメリカの利下げは円買い要因なのだが
残念ながら現実は教科書どおりには行かず。


利下げが表明されると100%の可能性で、円安ドル高方向へ
振れる。


想定シナリオは
①雇用統計の大幅な悪化 →
②円全面高(とりあえずの目安は108円)→
③FRB緊急利下げ →
④円全面安(②の3分の1 or 半値戻し)


さて^^。




その他の情報は
ここここ


参考HP:初めての外国為替証拠金取引(FX)


過去の四本値を取得するには
ひまわり証券 又は 外為どっとコム


にほんブログ村 為替ブログへ ←参加しています。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

【2007/09/07 00:02 】 | 外国為替証拠金取引(FX)総合 | コメント(5) | トラックバック(0) | page top↑
円高!!
今日は昨日と逆のタイトル^^。


原因は
・日本株大幅安
・米8月ADP全国雇用者数の予想を下回る結果
・米7月中古住宅販売保留の大幅な下ブレ


と、様々だが、そもそもの話から言えば、昨日の円が
売られすぎなだけ。


指標の悪化は十分予想できるにもかかわらずリスクを
取りたくてしょうがないファンドさんたちが 円売り→
円買戻し の繰り返し。


個人投資家がこれに釣られて 円安時に円売り→円高時に
円買戻し の悪循環がいつものパターン。


ちゃんと意味不明な円安時にはみんなで円を買うチャンスと
思えればファンドさんたちもこんな好き放題は出来ないはず。


現在の悩みは昨日のブログ通り、絶好の円買いの機会に
買ってるポジションをどう金曜日までに処理するか。


さすがに金曜日の21時半に持ち続ける勇気はない^^;。


大幅な予想を下回る結果→円高だろうなーと推測しながら
円買いに走るのは結果が出てから。


十分間に合うと思うし^^。




その他の情報は
ここここ


参考HP:初めての外国為替証拠金取引(FX)


過去の四本値を取得するには
ひまわり証券 又は 外為どっとコム


にほんブログ村 為替ブログへ ←参加しています。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

【2007/09/05 23:39 】 | 外国為替証拠金取引(FX)総合 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
円売り!!
ふと帰ってみるとクロス円全面高。


原因は米8月ISM製造業景況指数。


雇用指数が上昇し、米株高→円売りといういつもの流れに
戻っている。


この円売りがいつまで続くかというともちろん一時的。


明らかにストップロスをヒットしている感じの上昇なので
止まるのも早い。


絶好の円買い材料だが、金曜日にはポジションを閉じないと
だめ(怖いし)なので、ちょっと慎重に対応。


ドル円も上限(個人的)の116円半ば近くまで来ていること
から、円を買う絶好の機会。


こういう意味不明な円安は大歓迎。


特にドル以外が狙いどころかなーと思いつつ。


さて^^。




その他の情報は
ここここ


参考HP:初めての外国為替証拠金取引(FX)


にほんブログ村 為替ブログへ ←参加しています。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

【2007/09/05 00:05 】 | 外国為替証拠金取引(FX)総合 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ