スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
スワップだけで生活するには!?
昨日の続きでスワップシリーズ。


よくスワップだけで確実に儲けられるという業者がある。


とあるパンフレットには年利数10%でものすごく
高利回りとうたわれている。


どうもこれだけで生活まで出来てしまうらしい^^;。


確かに投資金額に対するリターンの考え方は間違ってはいない。


ただし、この考え方には致命的な欠点がある。


それは、同時に発生するリスクを全く考慮していない
ことである。


スワップだけで生活するには
USドルで 5.5円
ポンドで10.5円
NZドルで 5.6円
以上、円高にならないことが最低限必要。
(これ以上円高だと損益がマイナスになる)


この1ヶ月でどれだけ相場が動いたかみなさん知ってますよね?


年利80%ついたって、5円50銭円高になれば損失が発生する


これで生活が出来るなんて・・・(以下自粛)。


もちろんスワップ受取りの方向の取引をして利益を拡大
(&損失を減少)させるのは全然問題はないが、しょせんは
その程度。


スワップ目的で取引をするときでも、必ず


スワップがもらえるから円を売る」


ではなく


円安になると思うから円を売る」


で意思決定をしましょう(^o^)。


スワップだけで生活は出来ません。
(2~3年くらいならできるかもしんないけど。
たまたま円高にならなかったという理由で)




その他の情報は
ここここ


参考HP:初めての外国為替証拠金取引(FX)


にほんブログ村 為替ブログへ ←参加しています。
スポンサーサイト

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

【2007/03/25 23:08 】 | FXとスワップ | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
スワップで損失を取り返す期間は?
取引をするときに、通常は


・1円下落するといくら損失が発生するか
・何ヶ月まてばスワップでこの損失は回復可能か


について計算して取引をする(しましょうね)。


しかし、”20円下落しても10年待てば回復する”なんて
長期間の計算は非常に危険となる。


なぜなら・・・


私がFXを始めた2003年当時のアメリカのFF金利は1.00%。


ようやく1.25%に誘導目標を上げたのが、2004年6月30日
に開催されたFOMC。


そのころのスワップは・・・さすがに忘れたが(^^;)、
まあ金利差を考えてもらえば容易に想像がつく。


スワップで変動を取り返すまで10年の何倍かの時間がかかる。


これがほんの3年弱前の話。


もちろん今すぐこのように金利差が小さくなることは
考えられないが、3年たつだけでこの変わりよう。


ということで、ま、
・2年くらいならスワップは現在の値で、
・3年以上になるならある程度割り引いて
計算する必要があるでしょう。


個人的には1年で取り返せないならいったん損切りしてから
考えようよって感じだけと、まあそれは人それぞれなんで^^。




その他の情報は
ここここ


参考HP:初めての外国為替証拠金取引(FX)


にほんブログ村 為替ブログへ ←参加しています。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

【2007/03/25 00:38 】 | FXとスワップ | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。