スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
先週の円急騰の元凶の行方
一般的には先週の円の急騰はの元凶は


中国株の急落に始まり、
世界の株式市場が同時に急落し、
特に新興国市場での下げがきつく、
これらで多大な利益をあげてきたリスクマネーたちが一斉に
ポジションを縮小した影響を受け、
膨らみ続けていたキャリートレードの巻き戻しが起こって
こんなに円だけが急騰した


と言われている。


しかし、キャリートレードの巻き戻しがどれだけ影響したか
分からないのは昨日書いたとおり。


新興国市場も
上海総合
http://finance.yahoo.com/q/bc?s=000001.SS&t=5d&l=on&z=m&q=c&c=


インド
http://in.finance.yahoo.com/q/bc?s=%5EBSESN&t=5d


ブラジル
http://br.finance.yahoo.com/q/bc?s=%5EBVSP&t=5d&l=on&z=m&q=l&c=


と水曜以降は完全に下げ止まっている。


元凶たちにしてみれば、「俺らは関係ないよ」ってな感じ。


にもかかわらず、円売りをあざ笑うかのように円は続伸。


円買いとしてはおいしい状況なんだけど、とりあえず
それも今週まで(恐らく)。


今週終わりにはアメリカ雇用統計なので、その指標によっては
一気に流れが変わる(円安になる)可能性大。


もちろん、指標が予想より悪ければ、円高が加速。


さてさてその頃はポジション減らして高みの見物で(^^)。




その他の情報は
ここここ


参考HP:初めての外国為替証拠金取引(FX)


にほんブログ村 為替ブログへ ←参加しています。
スポンサーサイト

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

【2007/03/04 23:09 】 | 外国為替証拠金取引(FX)総合 | コメント(1) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。